エコカラットをDIYで取り付けする場合

エコカラットは設置することで空気中の水分を吸収し、空気が乾燥しているときに放出するなど、大変機能的な壁材として注目を集めています。


しかし、その取り扱いは大変難しく、悪条件には少し弱い部分があります。

埼玉のエコカラットに関するお役立ちコンテンツ満載です。

昨今のDIYブームでこうした壁材にリニューアルする際も、自らの手で行う人が多数います。
その時に細かいことにまで気をつけないと、エコカラットの効果を台無しにしかねません。


まず、エコカラットは衝撃に弱く、圧力に脆いとされています。

そのため、運搬の時点で割れてしまっていることもたまにあります。



また、接着剤を使って壁材を貼らないといけないのですが、釘などでやるとそれだけで割れてしまうことがよくあります。
ですので、エコカラットを装着する時は慎重な取り扱いが求められます。
面白いことに、この壁材はプラスチック製の消しゴムで簡単に汚れを落とすことができます。

本当に役に立つNAVERまとめについて悩んでいませんか。

また、性質上、水拭きではなく、乾拭きが求められます。

装着が完了し、ホコリなどをはらう時は全体的に乾拭きをするようにしましょう。

接着自体は簡単にできますが、その際に大量の接着剤を使用することになります。
接着剤の匂いで気分を悪くすることがないよう、換気をしっかりしましょう。あとはズレないようにすることや、隙間が空かないようにすることもとても重要です。

エコカラットは扱いこそ大変かもしれませんが、その効果はとても素晴らしいものがあります。

愛着をもって作業に臨むようにしましょう。