フロアコーティングの役立つ基礎知識

フロアコーティングの役立つ基礎知識

フロアコーティングは、フロアの状態の調査からスタートし、ワックスが加えられているケースではそれの剥離の業務も入り、そしてアルコールによる浄化を行います。


それが終了すると、いざコーティングと補修のプロセスに入ります。

この補修の作業の一連の流れは、コーティングの内容に広く影響されます。

ですが、損傷については樹脂遣ってそれを埋め、フラットにします。



これが終われば下地の過程に入り、フローリングとコーティング剤の密着の度あいを改善させる為に専用の下地材の塗布の工程を行います。
これで、フロアコーティングの効果がより安定化し、尚且つ長期間継続していく効果を得ます。



一番最後にコーティング剤を塗り、完了です。

以上で、コーティングは原則的に欠けたスポットを塞ぐないしは新たな形で有用にプラスする業務で、いずれのクラスのコーティングもこれが原点の要素となります。

フローリングのコーティングは、UVやウレタン樹脂またはガラスと様々ありますが、いずれを選んでも強靭性を引き上げる効果があり、とりわけウレタンは考えている以上に安価で施工ができます。



それらの他にも、コーティングのタイプによってそれぞれ異なったベネフィットがあり、広範囲に及ぶニーズに合うようにできます。

しかし、コーティングのタイプによって耐久の年数が違って来る為、そこは心に留めることが不可欠です。

フローリングをコーティングする事で、これまで無かったアドバンテージが生まれます。

その付加価値こそがフロアコーティングのメリットとなります。損傷のメンテナンスに留まらないコーティングの役目は実に広範囲に渡っており、毎日の生活を暮らす上では、いわば縁の下の力持ちとなります。